不動産の仲介手数料が無料!?


ハワイの物件を購入する際、仲介手数料は無し

日本に住んでいてもハワイが大好きで1年に1度、いやいや2度、3度・・・とハワイを訪れている人も沢山いらっしゃいますよね。ハワイでの不動産購入って夢のような話のようですが実はそんなにハードルは高くはなく、日本在住の方でも必要な書類などを用意して審査に受かればアメリカの銀行などの住宅ローンも利用できます。(*購入価格の何割・・という形)

そして、ここからが大切なところです。

不動産の購入時にかかる費用はというと・・・?

仲介手数料は無料なんです!アメリカでは売主が買主エージェント分も仲介手数料を支払うことになっているのです。

ですので購入する際に利用するエージェントに支払う仲介手数料はありません。

だから上手に不動産エージェントを利用して希望している内容の物件を探してもらい、一緒に内覧に行って色々と相談することが「ハワイ不動産」ゲットのカギになります。

エージェントは他の会社のエージェントとも繋がっているので情報を共有していますし、ネットで掲載されている以上の情報はエージェント無しではなかなか得ることはできません。

相性の良い、自分のために動いてくれそうなエージェントと出会うことが大切になります。

またその他でいうと日本と違い、不動産所得税や印紙税、司法書士費用もかかりません。消費税もかかりません。

主な費用はエスクロー費(エスクローは日本にはないシステムなので別途またこれについては詳しくお話しますね。)、登記料、公証人料、権利保険費用、同意書料、書類作成料等ですが、$1,200前後から物件価格の0.5% 程度になります。

その他としては、1年の間のいつ購入したかにより、それまでにかかっている固定資産税等の日割費用はエスクローで最初に引かれます。

waikiki

不動産投資、意外とハードルは低い!?


・・・・ということで、アメリカでのローンも借りれるし、別荘として、または投資物件としてハワイでコンドミニアムを所有する・・・というのもありなのね・・・って少しでも思っていただけると次のハワイ旅行が楽しくなるのではないでしょうか?

日本は車も家も何もかも、中古になった途端に価値が下がってしまいますが、アメリカはリフォームをしたり、増築したり、色々手をかけてあげると中古でも景気によって価値が上がることもあります。中古だからといってそれだけで価値は下がりません。

購入した時よりも高く売れることもあります。またワイキキなど便利な立地であれば自分が滞在しない間は賃貸として人に貸しておくこともできます。

ハワイのお家購入に関してご質問などあればいつでもお気軽にご連絡くださいね。