ハワイ不動産 ホテル? コンド? コンドテル?


ハワイのコンドミニアムはそれぞれのビルのオーナー管理組合で
物件を賃貸に出しても良いか・・・という事を決めています。

短期賃貸はダメ、長期賃貸のみというコンドミニアムもあれば
1か月以上の賃貸であれば貸し出しても良いというコンドミニアムもあります。
ただし、このルールは時にオーナー管理組合により変更される可能性も
あります。現に最近今までは30日以上であれば賃貸OKというルールだったものが
半年以上の賃貸に限る・・とルールを変更したコンドミニアムもあります。

そうなると、どうなるか?
バケーションレンタルで家賃収入を得ていたオーナーがそれを
できなくなるのです。
半年以上の長期賃貸で貸し出すことはできても短期ほどの収入は
見込めなくなる可能性もあります。

では、この問題を避ける一つの方法として、最初からホテルとしても
運営しているコンドミニアムを購入するという方法もあります。

ホテルとして運営しているコンドミニアムを英語ではcondotelと
言います。

コンドミニアムとホテルを合わせた造語です。

コンドテルではホテルとしても運営しているので短期の貸し出しはダメ!
ということはありません。
ホテルのお部屋を分譲としてオーナーが所有するのです。
自分が使用しないときにはホテルの部屋として貸し出し、
収入を得ることが出来ます。

投資物件の利回りはあまり期待しないこと。ハワイ旅行時の滞在先として
所有し、自分が使用しないときは貸し出しができるということが
魅力的な物件です。タイムシェアのように1年に1週間しか利用できない・・という
事はないですし、不動産なので長期に所有していることによって
不動産価値も上がる可能性があります。

1つ気を付けなければいけないのはコンドテルは住宅ローンが利用できません。
ホテルとして運営しているのでOwner Occupancy(オーナーが実際に住んでいる割合)
が非常に低いためローンが組めないのでキャッシュで購入になります。
(*ごくごく一部ローンが組めるコンドテルがあります。)

オアフ島のコンドテルも沢山あります。
こちらのメルマガ登録をしていただいた方にコンドテルリストをお送りします。
ハワイ不動産に興味がある方はぜひ登録くださいね。(月2回発行)